3/12(土)晴れ 地震2日目 (後日記)

P1070904.jpg

地震2日目。

まだ余震がひどい。
夜も、余震と寒いのと寝心地が悪いので
何度も目が覚める。
SIMONが普通に寝てくれていたことが救い。

朝…6時半
普段使わない布団を出したためか
喘息気味。
寝てるのもつらいので
そのまま起きるが
他の部屋は寒いので
みんなが寝てる横でじっとしてた。
携帯は圏外。つながる気配もない。

徐々にみんな起きてきて
朝食の支度。電気が使えないので
ゴハンは鍋で炊き
卓上ガスコンロでお味噌汁と目玉焼きを
作って食べる。

そう。じいちゃんが、今回の地震において
予言者かと思うくらい
事前の行動がすばらしかった。

地震前日に軽トラの燃料は満タンにし
灯油も買って、SIMONの好きなタマゴを
4パックも買っていた。

水道の出が悪くなってきてる。
節約しながら洗い物をし
ある容器すべてに水をためる。

DADAはSくんを送りに街へ向かった。
ご家族は、昨晩は
車の燃料が尽きそうだったため
わが家に寄るのをあきらめ
自宅マンションまで行った。
でもオートロックがかかり家には入れず
避難所もいっぱいで、
マンションの下に車を停め
車中に泊まったらしい。

私たちはその間片付け。
部屋のスチールラックを元に戻さず
分解して しまった。

洗濯機の上にあげてた
粉洗剤が床に散らばったのを
昨日片付けたはずなのに
なぜかまた床が白くなってる。

トイレの飾り物も
食器棚、飾り棚の食器や飾り物たちも
余震に備え、倒れたものは
元に戻さず。しまうかそのまま。

こけし ってこういうときひどい。
ガラス向きに倒れなかったから
まだよかった。

割れたガラスなども片付けるのだが
掃除機が使えないため
ほうき、モップ、ぞうきんでの作業。
普段スリッパをはかないSIMONにも
スリッパをはかせた。

片付けをしてるときも
いろんなヒトがわが家に来た。
「ストーブ余ってるのない?」とか
(電気を使わずに使えるストーブは持ってる人が少ない)
「ガスコンロない?」とか
「ガスない?」とか
先も見えず、みんな必至。
分けられるものは分けた。

あっというまにお昼。

インスタントラーメンを作っていると
会社の友人が来た。
「会社は水道も電気も使えるよ」と
教えに来てくれたのだ。

今朝はDADAが
ルクルーゼで美味しく
ゴハンを炊いてくれたが
ガスボンベもいつまでもつかわからず

お言葉にあまえ、炊飯器と
4Lのペットボトルを4本持ち
会社に行った。

会社では水道も健在で
電気は仕事で使う用にリースしていた
発電機があったので
それを使っていた。

すでに何人かが来ていた。
北海道から単身で来ている
支店長と課長は会社に泊まったらしい。
社員みんなの安否確認もできたとのこと。

でも社員で妹さんが見つからない人がいたり
取引先の会社が津波で流されたりという
悲しいニュースも同様に入ってきた。

水をくみ、炊飯器のスイッチをいれ
今度は、連絡のとれていない
もう1人の女性社員宅に向かった。

途中の信号は消えていた。

コンビニでは、店には入れず
外であるものを売っているようだった。

聞いた話によると
お客を店に入れていたコンビニでは
レジの行列にならばず
万引きが多発していたらしいので
その策か。

彼女の家に到着
比較的新しいマンションの1F。
外も中も被害はほとんどなく
わが家と違い、玄関から暖かい。

しかし水道電気が使えず、
やはり困っていた。
あとから彼女も会社にきた。

SIMONも会社に連れて行き
おじさんたちに遊んでもらったり
分解されたパソコンを
興味深そうにいじったりしていた。

やること終えて帰宅。
また明るいうちに食事や寝床の準備。

昨晩はひどかったので
今日はベッドルームで寝るぞ…
と心に決めていた。

ばぁばたちも同じ思いだったようで
DKの寝床は撤収。
ストーブもリビングに移していた。

食事は冷蔵庫に入っていた
以前いただいた鹿肉。
調理済みでいただいたらしく
温めるだけでOKだったが

私が、あまり好みではないため
中々食卓にあがらなかった。
しかしなんだかやけに美味しく感じた。

ロウソクの灯りとラジオの夜2日目。
ロウソクとラジオの夜も
キャンプなどでは楽しい気分になるが
家の中だと寂しくなるだけ。
今日はアルコールをあけた。
先日DADAがいただいてきた「南部美人」の
美味しい日本酒の梅酒とにごり酒。
こういうときこそ、飲もう!と。
普段以上に味わって飲めた。
状況を抜きにしても
ほんとうにほんとうに美味しいお酒だった。

SIMONは「寝袋で寝る!」と楽しみにしていたが
いざ入ってみると咳をしはじめたので
喘息を心配し、結局
私とSIMONは普段使ってるベッドで寝た。
私たち以外はリビングで寝た。
スポンサーサイト

COMMENT 0